美容師のアシスタントの求人とパートという働き方の魅力

労働時間が比較的短いメリットがある

美容師のアシスタントの求人を探している方は、あえてパートという働き方に注目していることがあります。正社員のアシスタントの求人ではなく、あえてパートで探している訳ですが、その働き方には色々なメリットがあります。その1つは労働時間です。美容師として働いている方々は、たまに労働時間が非常に長いと感じている事があります。その美容の仕事に限らず、正社員の実働時間は比較的長いです。実働8時間ぐらいになるケースが多いですが、中には10時間以上になる勤務先もあります。あまり労働時間が長いと、ストレスも溜まってしまいます。しかし正社員以外の働き方の場合、労働時間も比較的短めになります。1日に3時間や4時間ぐらいで働ける職場も多いです。ですから短時間勤務を望んでいる方は、正社員以外の求人に注目している事も多いです。

正社員よりも採用されやすい傾向がある

それと正社員よりも比較的採用されやすいメリットもあります。正社員の場合は、採用のハードルは比較的高いです。お店側としても正社員を慎重に採用している事も多く、面接の合格率は比較的低いです。ところがアルバイトなどの働き方の場合は、そうではありません。基本的には、幅広い人材が採用される傾向があります。例えば業務経験です。美容業界の場合は、業務経験が全くない人材の場合、なかなか採用されないケースもあります。お店によっては業務経験が求められるからです。しかしアルバイトなどの働き方ですと、未経験者でも問題なく採用されるお店も多いです。しかもその働き方の場合は、あまりブランクにも左右されません。ブランクがあると、正社員の場合は採用が厳しくなってしまう事も多いですが、パートは採用率は高いです。

時間給も比較的高めなので稼ぎやすい

また美容師のアシスタントという職業の場合は、全体的に平均時給も高いです。アルバイトの場合、正社員よりは給与は低めになってしまうと言われる事もありますが、美容業界は高い方です。確かに販売などの職種の場合は、時給1000円を下回ってしまうケースもあります。郊外エリアの場合、時給は900円を下回ってしまう事もありますが、この美容に関する職種の場合はたいてい1000円以上になります。上記のような短時間の勤務でも、十分に稼げるお店も多いです。しかも正社員以外の働き方の場合、比較的自由に働けるメリットがあります。お店から転勤を命じられたとしても、断る事もできます。比較的自由な時間に働けますし、あえて正社員ではなくパート勤務を希望している方も多いです。

記事を共有する