美容師のアシスタントの求人と給料の傾向

平均的な給与は月どれぐらいになるか

美容師には、アシスタントという働き方があります。正式に美容師として働くまでは、しばらくアシスタントとして雑務に携わることになります。例えば来店客に対するシャンプーなどを行ったり、店内清掃などの仕事もあります。正式デビュー前の仕事ですから、求人の給料も美容師よりは低めです。アシスタントの場合、平均月収は15万円台というデータもあります。ちなみにデビューした後は、26万円台になるケースが多いです。ちなみにこの美容の仕事は、地域との相関関係もあります。他の仕事と違って、都会エリアの方が給料が高めなのではありません。

都会の方が郊外よりも給料の水準は低め

求人の給与の平均水準は、地域によって異なります。多くの職業では、都会エリアは給与は高めになる傾向があります。実際、最低賃金にその傾向が反映されていて、東京エリアは日本全国で一番高いです。東京は物価が高めという事もあり、全国で最も賃金が高めなエリアになっています。関西地域では、大阪も最低賃金が高めになっていますが、大阪は関東の中心的な場所です。逆に郊外エリアの場合は、給与は若干低めになっている訳です。ちなみに都会の場合は、人材募集の案件数も比較的多めな傾向があります。ですから郊外エリアの方々は、たまに都会エリアへの引っ越しを検討している事もあります。しかし上述のアシスタントという職種の場合は、その逆の傾向が見られます。都会エリアの方が、明らかに給料の水準は低めになっているからです。実際、郊外エリアにある平均月収は16万円を超えています。上記でも少々触れた通り、この職種の場合は平均的な給与の水準は15万円になります。全国平均で15万円ですから、都会エリアはさらに給与水準は低めになりますが、郊外エリアはそれよりも高い水準になっている訳です。この点は、他の職種とは大きく異なります。

アルバイトの平均時給は比較的高め

ただし時給の数字を見る限りは、上述の美容院の仕事はやや高めな傾向も見られます。他の職種と比べると、時給の数字自体は比較的高めだからです。というのも上述の美容院の仕事の求人広告を確認しますと、時給は1000円を超えているケースも多々あります。時給1000円という数字は、あらゆる職種の中でもかなり高い方です。他の職種の場合は時給900円台を下回っている事もありますが、それよりは高めな水準の美容院が多いです。

記事を共有する