多様な選択肢がある東京の霊園について

お墓というものは、多くの人にとっては一生で一度だけの買い物といえますので、その敷地となるような霊園選びは、きわめて重要であるといえます。もしも東京エリアで選ぶということであれば、他のエリアとは違う環境であるということは認識しておいたほうがよいといえます。すでに宅地化がかなりの密度で進んでしまっているため、そもそもお墓を建てるべき土地がほとんど限定されているというのがその理由です。あわせて、高齢化によって需要が増えてしまっているということも、もうひとつの理由として挙げられます。そうしたなかで、空きがあるところを選ばなければならないことになりますが、選択肢としてはさまざまなものが想定されますので、できるだけ多くの情報を集めて、早めに準備をしておいたほうがよいといえます。

種類によって異なる特徴をもっている

東京エリアのなかで霊園を探す場合であっても、いくつかの種類があって、その種類によっても違いがあります。まずはどのような種類がよいのか、条件を絞り込んでからにするのがよいといえます。たとえば、都営墓地であれば、価格も安く、いわゆる一等地に近いところにお墓を建てることが可能ですが、競争倍率は高いといえます。境内墓地は、寺院の境内にある区画のなかから一定の土地が割り当てられるもので、管理体制がしっかりとしている上、後々の供養という点からみても信頼ができるものです。その反面、宗派が決まっている場合があることは考えなければなりません。民間墓地は、公園のように整備された外観を広めのスペースなど、それぞれ工夫があるのが特徴ですが、都心部よりも、郊外のほうになりやすいため、立地環境は検討する必要があるでしょう。

屋内墓地や納骨堂なども検討の余地

他のエリアと異なり、東京エリアでの霊園探しの場合には、屋外墓地だけではなく、屋内墓地や納骨堂といったタイプも選択肢として含めて考えたほうがよい場合が多いといえます。これらは、用地不足が深刻な、このエリアならではの工夫であるといえ、価格的にも屋外の一般的な墓地よりも低水準であることが多いといえます。具体的には、中高層の建物を設置して、その建物のなかに立体的に墓地を築いたり、または貸し切りのロッカーのようなところに遺骨を納めた個室があったり、呼び出しに応じて遺骨を納めた厨子が自動的に運ばれてくるのをブースで参拝するといったタイプのものです。種類としてはかなり豊富であるといえますし、お墓参りにふさわしい落ち着いた雰囲気は保たれていますので安心です。