東京に設置されている霊園が持つ特徴

日本の首都である東京都は人口が多く若い世代の人から高齢の方まで幅が広い世代の人たちが暮らしている都市となっています。都内には、霊園が幾つか設置されているのですが、納骨することが可能なところは対応できる数に限界があり、希望する人が多いため、せっかく気に入った場所が見つかったとしても納骨することができないために、違う場所に遺骨を納骨するしかないというケースもあります。中でも、都心の場合は他の地域よりも遺骨を納骨するために発生する費用が高い傾向があります。遺骨を納骨するためにかかる費用が高額になってしまうということは、どうしても家計を圧迫してしまうということになるので、自分の家から近い場所に遺骨を納骨したいと希望していても、経済的なことを考慮すると諦めてしまうという家庭もあります。

遺骨を納骨する施設に多様化が進んでいる

近頃よく終活というキーワードを耳にすることが多くなってきています。終活とは、自分のお墓や、葬儀などを、生前に、どんな形のものにするのかというのを、具体的に考えておくという活動のことになります。お招きする人を最低限に絞り込む家族葬などが執り行われる機会が多くなり、葬儀の形式が様々な形で多様化してきていますが、近頃東京では、お墓の形式も多様化してきています。中でも、都心では余裕がある土地が僅かしかなく、お墓を建てるための土地をこれ以上確保することが困難だったり、核家族化が進んだため、子供たちが、お墓を管理したり供養したりする負担が増えてきたことから、これまでのような墓地から新たな形式の霊園が多くなってきています。新たな形式の施設では、室内型になっているところが注目を集めています。

遺骨を管理する子供がいない場合は永代供養という方法も

東京に住む家族の年齢が高くなると親のお墓についての問題が深刻になってきます。特に父親が長男ではない場合は、新しくお墓を建てる必要が出てきます。そして、男性の子供がいない場合は新しくお墓を建てても、そのお墓を管理したり供養したりする人がいないということになります。その問題を解決に導くためには、永代供養墓に遺骨を納骨するという方法が挙げられます。永代供養墓に遺骨を納骨すれば、お坊さんや管理者が遺骨を永代に亘って管理したり供養したりしてくれることになります。都内には色々な形式の霊園が存在しているため、色々と選ぶことができ恵まれています。また、遺骨を管理する子供がいる場合は、天候が良くない日や、寒い冬の日でも、気軽に参拝することができる屋内型の納骨堂が人気です。