伝統と先進性が融合する東京の霊園

日本の首都であり、世界的に見ても規模の大きな都市である東京は、都内においても人口の多くが都心周辺部に集中、住まいの近くで新たな墓地を設けることが難しくなっています。公営墓地の募集に応募が殺到、その枠を手に入れることは非常に困難で、その傾向はいまも続いています。その一方で、新たな潮流が霊園や墓地のあり方を大きく変えつつもあります。
もともと東京は江戸と呼ばれた昔から、町なかに寺院が多く配置されていました。明治維新ののち廃寺となったり、郊外に移転するケースが増えましたが、とくに寺院が集中していた谷中や浅草、芝や三田、四谷など、今も古い墓所が並ぶ地域が残っています。青山には、桜の名所にもなっていて著名人も多く眠る広大な公営墓地もありますが、これから墓所を持ちたいと願う人にとっては憧憬を集めつつも、ハードルが高めとなっています。

都心周辺で墓所を持ちたい人への新たな形式

それぞれ有名であり、公営の墓所でもある青山、谷中、雑司ヶ谷、染井といった霊園は、まさに都心部というアクセスの良さと共に、都会を彩る緑の木々に恵まれ、多くの著名人が眠る墓所という特性からも、衰えることのない人気が続いています。それだけに、新たな墓所区画を求めるのはなかなか難しく、都心部ならではの新たな形の墓所が望まれる機運が年々高まってきています。
その一つに、屋内型の納骨堂形式の墓所があります。都心のアクセス抜群のところに新たな墓所を持ちたいものの、公営墓地への当選が難しかったり、郊外に先祖代々の墓地を持っていても、高齢になってお参りが難しくなった人が墓じまいをして改葬、利用するようになっています。主要駅から近く、都心の街の景観にも合うスタイリッシュな外観を持ち、ICカード等で納骨室を呼び出してお参りができるなど、都会のニーズに合った新型墓所となっています。

郊外では木々の緑に心和む埋葬形式

都心部での機能的でクールな雰囲気すら漂う新たなスタイルの納骨堂が人気を高め、郊外のベッドタウン周辺では、もともとの緑豊かな景観を生かした樹木葬での埋葬区画が増えています。敷地面積が限られる都心部ではなかなか実現できない広々とした景観のなか、バリアフリー設計の墓所区画や、樹木だけでなく、季節ごとに咲く花や芝生で綺麗に整備されたガーデニング霊園などが人気を呼んでいます。
都市型の納骨堂でも、郊外の樹木葬区画においても、施設側が遺族に代わって供養や管理をする永代供養墓が設けられ、墓じまいの改葬先としても注目を集めています。伝統的な墓所に憧れつつ、新たな形式であっても都心部に墓所を持ちたい人のための納骨堂や、生命を終えた後は自然に回帰したいという願いに叶う樹木葬など、今後も東京で増える傾向にあります。