市部であれば容易に選べる東京エリアの霊園

家族または親しい人が亡くなったなどの機縁によって、東京都内でお墓を建てるための霊園を探すという場合、都心にあたる区部を選択するというのは、もちろん誰もが考えるところといえるでしょう。しかし、当然のこととして、区部ではお墓が建てられるような土地はすでにほとんど存在しておらず、一面のピルやマンションにおおわれてしまっています。地方都市とは違った、そうした特殊な環境を考えた場合には、もう少し西側寄りの市部のほうにも目を向けて、あらためて適地を探したほうがよい場合も多いものです。市部であれば、公園のように美しく整備され、区画の広さもほどよい場所がまだ分譲中ですので、都心とは違って、選択肢の少なさを気にする必要もなく、最適なところを選ぶことができます。

市部であればまだ選択肢は豊富に存在する

東京都内の市部の霊園というのは、具体的に言えば、多摩、町田、八王子あたりのエリアと言い換えることもできます。このエリアは、開発に適した平地であったり、あるいは見晴らしがよい丘陵地帯であったりすることが多く、地形的にもお墓を建てる上では優れているといえます。電車などを使えば、都心からもそれほど時間的にかかりませんので、お墓参りをする上でも、特段の問題はないものといえます。区画の大きさについては、大きなものほど価格的に高くなってしまうのは当然ですが、都心のように狭すぎてお墓を建てるのがむずかしいといったことはありませんので、安心して申し込みができます。周辺についても公園のように整備された外観が魅力で、現地に管理事務所が置かれていることもあります。

都心の場合には納骨堂なども考慮を

東京都内でも区部、都心に近いエリアで霊園を探すとなった場合、いくつか考えなければならないことがあります。このエリアでは、雑司が谷や巣鴨といったあたりにも一般向けの都営墓地がないわけではないのですが、空きスペースがないために募集を停止しており、あとは昔からある寺院の境内墓地などが選択肢となってきます。こちらも昔からの檀家でないのであれば、なかなか割り当てはきびしく、条件に見合ったところが見つからない可能性があります。都心の場合には、いわゆる納骨堂のような、建物のなかに墓地をつくってしまうようなタイプであれば、ある程度は募集が行われていることがあります。この場合、従来の墓地のスタイルとはかなり異なりますので、心理的に受け入れられるかどうかがポイントです。